今までを振り返る

新郎新婦

結婚適齢期そんな言葉を耳にする事が多くなり、その前後の年齢の人は焦っている人も少なくありません。そして、最良の人を見つけたら結婚を意識して付き合い始める事でしょう。その後は結婚式のプランを立てたり新婚旅行に行ったりと慌ただしく過ぎ去っていきますが、やはりその中でも大変なのが結婚式の準備ではないでしょうか、打ち合わせは多くあるため時間も割かれドレス選び料理選びなど決める事は多くあります。その中で私たち2人を知ってもらうという意味では映像を流す事があります。それの目的としては自己紹介も兼ねて行ったり初めて会う人もいるため、小さい頃は、こんな感じの子供でしたと言う様に人生を大体で紹介し知ってもらう意味も込めています。

どんな感じで撮影するか

結婚式でプロフィール映像を流す事はよくあります。それは、自分たちで作成したオリジナルの物からプロが編集したクオリティーの高い物までさまざまですが、一概に何が良いのかと言うのは決めきれません。それは基準が違うからです。何を伝えるのか洗練されていれば伝わるのか、そうではないからです。心のこもった物であれば内容がどうであれ良い物が作れるはずなので、種類は関係ありません。しかし、映像ばかりではゲストが飽きてしまう可能性もあるため、所々に余興や歓談を挟んで行けば自ずとどの様な時に使いたいのか何を伝えたいのかと言うのが見えてくる映像の内容も決まってきて進行をスムーズに行うことが可能になってくるのではないでしょうか。

作るのは大変だが楽しい

その日は一生に一度しかないため張り切って一から作成する人も多くいます。今はパソコンが普及しているため映像処理ソフトは簡単に手に入る時代だからです。その作る時間と言うのも割合を占めてきますが、みんなに伝えたい紹介したいと言う物を作り込み自分たちを知ってもらうと言う分には非常に有意義な事で今後も付き合っていく事を考えると映像で知ってもらい自分たちの新たな一面を見てもう事は、やはりゲストにとっても良いことです。また、家族にとっては小さい頃の思い出が蘇り懐かしくなるため、そこで内輪でも話題ができます。プロに作成してもらうのもしかりで非常に洗練された物が出来るため新郎新婦の記念に取っておくのも良いのではないでしょうか。結婚式の映像は記念に残るため、あの日を振り返りたい時には見返す事が出来、笑ったり恥ずかしくなったり、それもその日何があったかを記す材料になります。

広告募集中